エネルギー Energy Benefits from the sun

太陽の勢いが変われば地球の気象変動は分けなく起こります

田んぼに落雷が有れば豊作と成ります 酸化窒素の増加によると言われております

ポールシフトが起きております    地軸が傾きやがては極が交代する  Pole shift

過去の地磁気の証拠千葉県に            磁気嵐の図

太陽光発電は過去の遺産になろうとしております

再生可能エネルギーでは、産業の発展の足かせになるようです ここに来てエネルギーを再認識したい物です

風力も同様な扱いになります 寿命が短い 廃棄処理の多額になり又電気が必要となる 掃除の問題も

ペレット倉庫

最高のエネルギーの元はH2O 水に他ならない

微粉炭とアンモニアガスと同時に吹き込むとco2フリーになる 生ゴミからアンモニアを造りましょう

     アンモニアから水素を考える  森川 潤 News Picks ニュヨーク支局長

 日本には再エネ先端産業がない今、政府とエネルギー業界が期待をかける残された数少ない独自技術が「アンモニア」である。突然、アンモニアと言われても「尿」や「臭い」ぐらいのイメージしかないかも知れないが、今、少なくとも日本のエネルギー界においては一つの大きなトピックになっている。

アンモニアの化学式はNH3である、これを燃焼しても、CO2が出ないという点が注目を集めている。

 そして、これから火力発電に活用する事で、2025年までに「ゼロエミッション火力」を実現するという壮大なプランをぶち上げたのがJERAである。

 「現在の火力発電は、燃料に石炭を使うものとLNGを使う2種類が有ります。石炭を使う発電所は「ボイラー型」、LNGを使う発電所は「タービン型」とゆばれております。我々が目指すのはボイラー型発電所の燃料を、石炭からアンモニアに変えていくことです、タービン型の燃料を水素に変えていく。アンモニアや水素はCO2は出しません。

 アンモニアを石炭とLNGに混ぜて燃やす事で、発電量はそのままCO2を削減することが出来ます。

 この組み合わせこそ、最も早くコストも小さく火力の脱炭素化だと思いますと、JERAの奥田久栄氏

 実際、JERAはすべてに2021年6月から、愛知県の火力発電所の燃料にアンモニアを混焼させる実証実験を開始しております。2024年度中に20%へ混焼割合を引き上げることを目指す。そして最終的には、2050年までにアンモニアだけを燃やす「専焼」につなげて、CO2排出をゼロしたい考えだ。その過程で2030年までに、非効率な石炭火力をすべて停止すると。

 水素だけでは輸入依存から抜け出せない アンモニアを造りましょう!!

 アンモニアの化学式はNH3である。水素(H)を含むことが特長である、その為政府の戦略では「水素・アンモニア」と一つに絞り紹介されることが多い。

 欧州や中国が力を入れる水素ではなく、あえてアンモニアを本命視する背景には、水素という新しいエネルギー資源、水素は、現在ブルー水素やグリーン水素といった区別されており、今後は100%再エネから造られる「グリーン水素」が主流となるであろう。

 水素の利点は、1,燃やしても二酸化炭素を出さない。2にいろんな物から造ることが出来る(原料の多様性)、3,貯蔵が利く、主に掲げられる。

 一次エネルギーは大別して3種類有る、

 1,化石燃料 : 石油・石炭・天然ガス 

 2,原子力

 3,自然エネルギー : 水力・風力・太陽光・地熱

 現在の日本では、一次供給料の9割が近くが化石燃料である。

   水素を何から得るのか?

 1,水蒸気改質による方法

 水素は2次エネルギーである 様々な方法がある。

 現在最も安い水素を得るのは、天然ガス中のメタン(OH4、一般的には炭化水素。

   CH4 + H2O → 3H2 + CO(1)

   CO  + H2O → H2  + CO2(2)

   +)CH4 + 2H2O → + 4H2 + Co2 (3)

 この例に限らず、メタンその他の炭化水素やバイオマス(木材・下水汚泥等の生物資源)など、炭素を含む物質から水素を製造する場合、含まれる炭素はほぼCO2として排出される。その理由は、炭化水素やバイオマスを形成している炭素(C)ー水素(H)結合をぶち切らないと水素(H2)が作れないため、炭素(C)を何か強い酸化力で引きつけないと(その酸化剤は通常、酸素(O)が一般的、だから結果的に必ずCo2が出ないと言われている。

 下の写真は、石垣島の海岸 右は軽石の漂着である。沖縄付近の港に多く打ち寄せており漁船には大変迷惑な事ではあるが、田畑に蒔くのとでミネラルが豊富な土壌改良材と成ります。土壌のエネルギーの元であります。港から取り除くにはエアーリフトポンプが最適であります。どうか頑張って下さい

 2021年12月16日 現地での感想です  今後のエネルギーはアンモニアの世界が広がります

   

三菱重工 アンモニア蒸気タービン発電機 4万kw/h

いよいよ アンモニアの時代がやってきました アンモニアの製造はsuitoにお任せ下さい

アンモニアの世界

これからはアンモニアがエネルギーの主体になること疑いありません

生ゴミから精製します。

あらゆる有機物を熱で分解させ、その際出た煙の中に60%以上の可燃物が発生し、水素、やアンモニアが発生します、それを生成することでエンジンを稼働させ発電機に伝えます。又燃えるゴミは全て燃料として活用させます(田畑の残渣・鶏糞・豚糞・牛糞) ビニール類・衣類・医療廃棄物)漁業関係では、魚のあら・漁網・廃船・廃プラ等が燃料となり、有機物を分解に導きます、出来上がった灰は、貴重な堆肥となり田畑に戻します。

この一連のシステムを組めば 「地産地消が完成します・ガスは発電に各家庭の炊事場に・風呂にと数え切れない有効使用が考えられます。

会社案内

有限会社水都
(SUITO,CO,LTD)

〒573-0093
大阪府枚方市東中振2-20-1620
(2-20-1620 Higashinakaburi, Hirakata-shi, Osaka)

  • TEL&FAX:+81 72-397-8206
  • Mobile:+81-90-3168-3713

完全燃焼を目指す 
For Perfect combustion

小型万能焼却炉
Small all-around incinerator
ロータリー式白炭化炉
Rotary dry, kiln system
イオガス発電・装置
Biomass Generaton Production
有機シリカ製造器
O
rganic silica maker    
埋め立てはやめましょう
L
et`s stop landfill

ステビアの栽培

Cultivation of stevia

アンモニア工場

Ammonia factory

Copyright (C) SUITO,CO,LTD All Rights Reserved.