エネルギー

ステビアの栽培

ステビアとは

南米パラグアイとブラジルの国境地帯に自生するキクカキク科植物である。

ステビア属には154種類以上有ルと言われております。それらの中には観としてとして親しまれたり、ハーブとして使用されている物も有るようです。

この「ステビア」は抽出物(甘味量)を意味しております。154種類中で、「甘味量を有するのはただ一つ一種類のみです。植物学上の分類を行った学者の名前を取り、「ステビア、レバウデアナ、ベルトニー」と呼ばれております。

 パラグアイでは400年も前から「マテ茶」の甘味量に使用されております。

 現地では生育が悪く日本で栽培をし、甘味成分などの詳細を研究されるまで世界には紹介されませんでした。

 ステビアの甘味にはその葉部に集中しており、その葉を口に入れ、噛みますと甘さが口中に広がり、植物由来の穏やかな甘味が広がります。

 ステビアは日本に導入され、品質改良、精製技術の確立、用途の開発、安全性試験等の試験を繰り返し行い。砂糖の200~300倍の甘さを持つ天然甘味料として世界に先駆けて商品化されました。

 

 ステビア甘味料として日本で商品しました

 1990年大塚製薬「ポカリスエットステビア」が発売されております

 2007年コカコーラとカーギルが24件の特許を申請し、販売しております

 アサヒ飲料の缶コーヒー「wonda」の一部に使用

      医薬品に各製薬会社

 ダイエットに 砂糖の300倍 カロリー0 

 血糖値を下げる効果有り

 糖尿に 発症を予防する

 ステビア抽出物の活性成分であるステビオシドとステビオールがイオンチャンネルTPRM5を刺激する

 血圧を下げる効果 石原結貫医師 ステビアの甘味成分が脳に満足を与えることで、副交感神経が活性化し、血圧を下げると推測されております。

 東北大学農学部の研究で、選択的殺菌作用がある事が判明。選択的作用とは必要な物だけ残す。即ち、   0-157やサルモネラ黄色ブドウ球菌などの食中毒となる菌を殺菌することです・

 消化器系研究に関する権威である米国消化器病学会のODW2008で発表されました。

 1,ステビア濃度の高いほど、C型肝炎ウイルスを抑制する。

 2,細胞内インターフェロン・シグナルの誘導を示唆された。

 3,ステビアエキス常用患者において、副作用はほとんど見られない。

 4,ステビアエキスは安全で効果的なウイルス薬になる可能性がある。

   ステビアの成分

  ステビオシド (C38  H60  O18,  分子量 M = 804,9 )

     レバウデイオサイドA ( C44  H70  O23 分子量 966 )

会社案内

有限会社水都
(SUITO,CO,LTD)

〒573-0093
大阪府枚方市東中振2-20-1620
(2-20-1620 Higashinakaburi, Hirakata-shi, Osaka)

  • TEL&FAX:+81 72-397-8206
  • Mobile:+81-90-3168-3713

完全燃焼を目指す 
For Perfect combustion

小型万能焼却炉
Small all-around incinerator
ロータリー式白炭化炉
Rotary dry, kiln system
イオガス発電・装置
Biomass Generaton Production
有機シリカ製造器
O
rganic silica maker    
埋め立てはやめましょう
L
et`s stop landfill

エネルギー

ステビアの栽培

Copyright (C) SUITO,CO,LTD All Rights Reserved.